TEL.03-6870-3212

転職お役立ち情報

外国人の就労は難しい

目次

外国人が日本で働くということ

外国人が日本で働くということ

「日本で働き続けたい」「日本から離れたくない」こんなふうに考えている外国人は、日本に大勢います。

ジャパニメーションや日本固有の文化、技術がもてはやされる一方で、充実した社会福祉や公共サービス、遅れない電車やバス、美味しい食べ物といったものに魅了され、日本での生活を望む声は絶えることがないのです。

しかし現実的に考えて、外国人が日本で働き生活するというのは決して楽な道程ではありません。

日本で生まれ、日本国籍を持ち、日本の大学や院を卒業した日本人すら就職難にあえぐ状況なのです。そんな中で、外国人が味わう就職、転職の苦労はかなりのもの。特に転職活動に際しては、外国人は様々な壁にぶつかってしまいます。

今回は、外国人の方が日本で転職するにあたり、知っておいた方が良いいくつかの知識をお伝えします。

そもそも就労が難しい

そもそも就労が難しい

外国籍を持つ人が日本に入国する時、必ず必要になるのは何でしょうか。そう、ビザです。ビザにはいくつもの種類があり、入国に際して取得したビザに応じて日本国内でやって良いことが厳密に決められています。

外国人の方が日本で働く上で、一番大きな問題になるのはビザの取り扱いです。日本の企業に就職し、給与を得るためにはまず就労が認められる就労ビザを取得しなければなりません。

この就労ビザの取得が非常に難しいのです。原則的に、外国人の方が就労ビザを取得するためには、専門的かつ高度な教育を受けているか、もしくは数年以上の実務経験を持っている必要があります。

ありていに言えば、その道のプロ、専門職の方のみが就労ビザを手にすることができる訳です。

就労ビザは業種によって細かく区別されており、例えばIT関係の技術者としてビザを取り、会社の経理を担当する、といったことはできないようになっています。

あくまで、自身の経験や経歴に応じる専門分野での就労が認められるビザなのです。

一部の更新が必要ないビザを除けば、基本的にビザは数年ごとの更新制であり、ビザの更新手続きは必ず通るとは限らないという状況も外国人の就労を難しくしています。

また、受け入れを行う日本企業の側にも、外国人を雇用するためのノウハウや手続き、心構えが必要です。

職場内でのコミュニケーションが上手くいかない、日本独自の慣習、職場の雰囲気に中々馴染めないということもあるでしょう。日本には一部の大企業と数多くの中小企業がありますが、現実的に外国人を雇用できる態勢を整えている企業はごく一部です。

転職活動、どうすべき?

転職活動、どうすべき?

就職も難しいのですが、もっと厳しいのは転職活動です。外国人の方が日本の就労ビザを取得するためには、専門的な教育か経験が必要です。

ある分野において高度教育や実務経験を積んでいるということは、他の分野に鞍替えするのは難しいということでもあるのです。

先ほどの例になりますが、IT関係の技術を学んだ人が会計などの別分野の職に転職する場合、相応の実務経験か教育が必要となります。働きながらそれらの条件を満たすのは困難なので、実質的に、同じ業界の中で転職するしかありません。

これが日本人であれば、脱サラしてラーメン屋を開業、なんてことも簡単にできてしまうのですが、外国人の場合こういったところで転職に制限がかかってしまいます。

逆に言えば、外国人の方が日本での転職を考える場合は、まず同業他社を探すようにすれば上手くいきやすい、ということでもあります。

外国人の就労が難しいと言っても、実際に転職している人は少なくありません。必要な手続きや注意しておくこと、想定されるトラブルなどもきちんと知っていれば対処可能です。

想定される転職トラブルとは

想定される転職トラブルとは

外国人が日本で転職する際に考えられるトラブルは、いくつかあります。まず、職場での人間関係の悪化。日本と外国で言語も文化も違う訳ですから、今の職場から円満退職とはいかないこともあります。

転職する際にはいくつかのビザに関する手続きが必要になるのですが、トラブルをそのままに退職をすると、源泉徴収票などの必要書類を貰えない、といったトラブルに発展してしまう場合も。

いかなる理由で転職するのであっても、できれば円満に退職できるよう気をつけたいところです。

また、日本語が余り堪能ではない、会話は問題ないが日本語を書くのは慣れていない場合は、転職活動そのものが難航しがちです。

転職活動を行う上で、履歴書や職務経歴書の提出や面接による自己PRは欠かせないので、これらを上手くこなせないことで転職活動に支障が出る場合があります。

会社が倒産した、解雇されてしまってまだ次の転職先が見つからない。これも立派な転職トラブルです。

すぐに転職先が見つかれば良いのですが、この場合、放っておくとビザの期限が切れてしまったり、ビザの種類に合わない滞在となるかもしれません。

仕事を辞めた時、転職した時はそれぞれ手続きをする必要があります。就労ビザの更新や変更の届け、または短期滞在ビザへの切り替えなど、転職とビザの手続きは切っても切り離せないものだと覚えておきましょう。

転職こそキャリアアップのチャンス!

転職こそキャリアアップのチャンス!

現実問題として、外国人の就労、転職は簡単ではありません。しかし、転職には良い面も悪い面もたくさんあるのです。

外国人雇用を行っている企業も色々で、能力や働きに応じた待遇を用意しない企業、職場トラブルを放置する企業、退職を盾に外国人を不当に扱う企業も存在します。逆に、かなりの好条件で転職を歓迎してくれる企業もあります。

働いている内に日本語が堪能になったり、スキルや知識が磨かれたりしてより高度で待遇の良い会社に転職したくなることもあるでしょう。

転職活動は厳しいですが、キャリアアップの大きなチャンスでもあります。日本語が苦手、知り合いがいない、転職について詳しくない。そんな時こそ、外国人の転職や就職を手助けしてくれる専門家やサポートを頼りましょう。

無理をして転職をする必要はありません。しかし、自分の現状に合わせて適切な転職先を選び、キャリアアップをしていく手段として、転職を選ぶのは非常におすすめの手段です。